「きらりのおめぐ実」も「緑の知恵」もどちらも肌トラブルを解消する効果が期待出来るサプリで、錠剤タイプになっているのでバッグに入れれば携帯しやすいという共通点があります。この二つのサプリを比較してみると、まず配合されている成分が大きく異なり、トラブルを解消して美肌をメイクすると言っても、まったく別の方向からアプローチしていることが分かります。まずきらりのおめぐ実は、くちなしの実やマキベリー、レスベラトロールなどの抗酸化成分がたっぷり入っているのに加えて、ビフィズス菌やオリゴ糖等腸をすっきりできる便秘解消成分も入っているのが特徴です。一方、緑の知恵は、セラミドをはじめとする保湿成分が入っていて、肌のバリア機能を改善することによってトラブルを起こしにくい肌質づくりができるというメカニズムで美肌作りができるサプリです。

 

便秘をスッキリ解消して美肌になりたいという場合には、緑の知恵よりもきらりのおめぐ実の方がおすすめです。その理由は、便秘解消成分が豊富に含まれているから。腸内で蠕動運動を活性化してスッキリ効果が期待出来るビフィズス菌に加え、ビフィズス菌の美味しい餌となるオリゴ糖もたっぷり入っているので、サプリとして毎日続ければ腸内環境を劇的に改善することができます。緑の知恵にも乳酸菌というスッキリ成分が入っていますが、配合されている成分の種類という点では、きらりのおめぐ実の方が優秀と言えるでしょう。

 

どちらのサプリにも抗酸化作用を持つ成分が含まれています。緑の知恵の場合、ポリフェノールを多く含むキウイや殺菌作用や抗菌作用を持つシソの葉などが配合されているのに対し、きらりのおめぐ実では世界の三大抗酸化成分と呼ばれる優秀な成分が入っているのが特徴です。

 

どちらのサプリを飲んでも、便秘を解消することができますし、抗酸化作用によって美肌を作ることができます。ただし、バリア機能が低下していることでトラブルが起こっている場合には、バリア機能を改善できる緑の知恵の方が効果は大きいですし、慢性的な便秘が原因でトラブルになっている場合には、きらりのおめぐ実の方が大きな効果を実感できるでしょう。

 

きらりのおめぐ実のさらなる詳細はこちら